読み込み中…

自分のスキルや実務経験を考慮しながらCADエンジニアの求人選びをしてみよう!

CADの業務未経験者は入社後の研修がある会社がおすすめ

CADエンジニアの仕事に興味はあるものの、実務経験が無いという人は、新卒者や第二新卒者のために入社後に研修の機会を用意している会社の求人を探してみましょう。最近では、自社内で優れたCADエンジニアの育成に力を入れている会社の数が増えているため、就職活動を通じて製造メーカーや工務店、デザイン事務所など様々な職場の特徴を調べてみるのがおすすめです。また、CADのスキルを実務で生かすためには、少なくとも数年の教育が必要となります。そこで、未経験のCADエンジニアの採用実績がある会社のホームページをチェックしたり、就職説明会などの機会に現役の若手のエンジニアに話を聞いたりして、一からCADの基本的なスキルを習得できる会社を見つけることが大事です。

CADの実務経験が豊富な人は大手企業への転職も可能

製造やデザインなどの現場でのCADの実務経験が豊富な人は、様々な業界で重宝される傾向が見られます。そのため、将来にわたり自分の得意なジャンルを中心にCADの業務に取り組みたい場合は、待遇が良い大手企業への転職も視野に入れて求職活動を始めると良いでしょう。中途採用者の受け入れ態勢が整っている大手企業では、個々のCADエンジニアの経歴に応じてフォローアップ研修を実施したり、適性やスキルに合った仕事を割り振ったりしているところも多くあります。なお、企業によって業務中に主に使用するCADのソフトの種類に違いがあるため、入社後に苦労しないように書類選考や面接の時に業務に必要な知識や技術について担当者に聞いておくことが大切です。

CADオペレーターとは、コンピューターを使って機械や建物の図面を作成する仕事です。依頼主の注文に従って、CAD専用ソフトへ設計図を入力します。