読み込み中…

電話面接で不採用にならないためには?アピールする方法を知っておこう!!

応募先の事情を知って電話する

仕事探しをするときは求人情報などをチェックし、希望に合った求人があればそちらに応募します。その後は必要に応じて書類を送ったり面接を受けて合否の判断を待たなければいけません。求人によっては勤務先と現住所が離れていて容易に面接に行けないケースがあり、その時は電話で面接をして合否の判断をしてくれるようです。電話面接において応募者が電話をするときはつい答える内容に気が向きがちですが、マナーを守らないと面接の内容に関係なく不採用になってしまうでしょう。注意したいのは電話をする時間で、時間を指定されなかったときは相手が忙しくない時間を選んで電話するようにしましょう。始業や終業に近い時間や昼休みなどを避け、午後の1時から3時ぐらいにかけるのが良いかも知れません。

緊張感をもって電話面接を受ける

採用面接は正社員の応募だけでなくアルバイトに応募するときでも結構緊張します。面接官も応募者が緊張しているのを考慮して対応してくれますが、あまり緊張しすぎて自分を出せないと不採用になるので注意が必要です。通常は直接会っての面接になりますが、地方の仕事だと電話で面接をするときもあるようです。電話面接の怖いところは緊張感を持ちにくいところで、知らないうちに敬語ではなく友達と会話しているような話し方になっているときがあります。緊張感を持つ方法としては受け答えのための書類を手元に置いたり、服装や姿勢をきちんと整えて電話するのが良いかも知れません。相手から見えなくても見られている感覚を持て、緊張感を保ったまま面接が受けられるでしょう。

「子育て中だけどパートで仕事探しがしたい」と思ったら、同じ様なママ友に教えてもらうのが一番です。紹介してもらえれば自分で探す手間も省けるので直ぐに仕事が始められます。