読み込み中…

トラックドライバーになりたい!二つのメリットと二つのデメリットとは?

一人の時間を作りやすい

トラックドライバーになるメリットは運転中に一人の時間を作りやすいことです。仕事中のほとんどの時間が運転になり、助手席に人を乗せることもあまりありません。一人の時間が好きという人にとってトラックドライバーは落ち着ける仕事でしょう。音楽を聞いたり、食べ物を食べたりするのも自由というのが一般的になっています。

運転自体を楽しみやすい

トラックドライバーは運転自体を楽しめるのも魅力です。長距離の運送ということが多いので、高速道路を走らせることがよくあります。街中も移動することになるので、色々な場所を運転できるのがメリットでしょう。運転好きの人にとってはトラックドライバーは楽しみがいがあります。

危険を伴う仕事になる

トラックドライバーの仕事をするデメリットは危険を伴うことです。運転をするのは常にリスクがあるのは確かで、特に大型のトラックになると制御するのが難しくなることは否めません。安全運転に努めているつもりでももらい事故を起こしてしまったり、飛び出しにどうしても対応できなかったりすることもあります。そのリスクがあることには留意しておく必要があるでしょう。

時間が不規則になりやすい

トラックドライバーは仕事の時間が不規則になってしまうことが多いのもデメリットです。夜中に運送するというのは特によくあるパターンで、夕方に出勤して夜から走らせたり、夜中に出勤して早朝から運送したりすることもあります。体調管理に気を付けないと仕事を続けるのが難しくなりかねないので注意が必要です。

埼玉のドライバーの求人に面白いもの発見!お仕事終わりのキャバ嬢のお姉さんを自宅まで送り届けるお仕事です。駅から近いお店ばかりではないですし、何より終了が遅いので終電もないし危険!大事なお仕事ですね。