読み込み中…

トラックドライバーってどうなの?仕事内容や向いている人・向いていない人の特徴は?

トラックドライバーの仕事内容

トラックドライバーとは、小型・中型・大型トラックを運転し、荷物を指定された場所に届ける仕事です。トラックの種類などによって、業務内容は大きく異なります。大型トラックドライバーは、都市間で長距離の配送をする職種です。片道500kmを超える距離を走行するため、トラック内で睡眠を取りながら運転をする必要があります。中型トラックドライバーは、片道500kmまでの距離を走行し荷物を運搬します。納品先によっては泊まりになることもあります。小型トラックドライバーは、宅配便など近距離向けの配送を行う仕事です。宅配トラックの場合は、1日に複数の届け先に配送するため、積み降ろしの作業量も多いのが特徴です。また、片道200km程度の距離を走行することもありますが、泊まりはなく毎日帰宅することができます。

トラックドライバーに向いている人・向いていない人

トラックドライバーに向いている人は、時間が守れる人や自己管理ができる人です。トラックドライバーは、時間内に決められた場所に荷物を運ばなければいけません。長距離トラックドライバーの場合、休憩や睡眠時間を確保しながら走行するので、時間配分を間違えると期日内に荷物が届けられない可能性も出てきます。そのため、自分で時間を管理できなければ、仕事を円滑に進められないでしょう。業務時間は長く不規則な生活になるので、自分で体調管理をする必要があります。すぐ体調を崩してしまう人は、ハードな仕事内容に順応できない可能性が高いので、トラックドライバーには向いていないかもしれません。また、基本的にトラックドライバーは、1人で仕事をする時間が長い職業です。人とコミュニケーションを取りながら仕事をしたい人には不向きな仕事といえるでしょう。

トラックドライバーの求人では、準中型、中型、大型のトラックの場合、普通免許では運転できないので注意が必要です。