読み込み中…

プラント工事管理での重要なスキルについて

プラント施工管理では4大管理をマスターしましょう

一般的な施工管理でも必要な、最低限の基礎知識というものがあります。4大管理と呼ばれ、まずはこの基礎知識をマスターするところからスキルアップは始まります。

まずは原価管理に関する知識です。工事の管理は予算内で完工できるようなしなければなりません。当然施工には予算がありますので、人件費や材料費等、何にいくらくらいかかるか把握しておくことが必要です。次に工程管理です。納期までに工事が終了するようスケジュールをたてます。スムーズに施工が出来るように、仕事の段取りを考え現場に指示する必要があります。次に品質管理があります。最適な資材選びとその管理、強度検査など、質の高い物を作るのに必要な品質を管理します。最後に安全管理です。現場で事故が出ないようチェックをします。ヘルメットのかぶり方から、資材落下の危険が無いように保管されているかなどをチェックしていきます。

幅の広いマネジメント能力を身につけましょう

工事管理の仕事は多岐にわたるため、一つ一つ丁寧に管理できるマネジメント能力が必要になります。関わる人の数も多くなりますので、コミュニケーション能力も重要になります。

責任感と精神力も重要なスキルになります

工事管理をする立場の人間は、他人のミスの責任も負わなければいけない立場にあります。大きなプロジェクトでは、些細なミスや事故が、大きな損害となり、損害額も大きくなることもあります。それに対する責任とプレッシャーは、繊細な心の持ち主では耐えきれないかもしれません。クライアントと現場の板挟みになることもあります。プラント工事管理に求められるスキルとして、このプレッシャーに打ち勝ち、素早い問題解決が出来る責任感を持つ人が挙げられます。

施工管理の求人には、その工種によって様々な募集内容があります。その工種は多様で、電気工事や土木工事などそれぞれの専門分野があり、管理業務には、資格が必要となります。