読み込み中…

タクシードライバーとして活躍するための2つのポイント

道に迷わないように地理に詳しくなる

タクシードライバーとして活躍するためには、道に迷わない事です。お客さんから指定された目的地まで運転するのが主な仕事ですが、この時に、道に迷ってしまうとお客さんに迷惑をかけます。お客さんの中には、急いでいる人もいるので、目的地までの到着時間が遅れると大きな問題に発展する可能性があり、当然クレームにつながるでしょう。また、道に迷ってお客さんに迷惑をかける事が多くなると、タクシー会社からの評価が落ちて昇進や昇給がしにくくなります。しかし、道に迷う事がほとんどなくなると、お客さんからのクレームがほとんどなくなり、高評価につながります。もし、どうしても道を覚えるのが苦手という人は、カーナビを搭載しているタクシー会社で働くようにしましょう。

お客さんのタイプに応じて適切に対応していく

タクシードライバーとして活躍するためには、お客さんのタイプに応じて適切に対応していくことが大切です。タクシードライバーは、お客さんと会話して少しでも場の雰囲気を和ませる事が大事です。しかし、お客さんによっては会話したくないという人もいます。こちから話しかけて返答が単調だったり無反応だった場合は、会話したくないという合図の可能性が高いです。そこで、そういったお客さんとはなるべく会話しない方が賢明です。さらに、明らかに疲れているお客さんにも必要以上に話さないようにしましょう。逆に、お客さんから積極的に会話してくるのであれば、無視せずにきちんと返答しましょう。ただ、会話に夢中になると運転ミスが起こるので、常に安全第一に考えて支障がでない程度にお客さんと会話していきます。

ドライバーの求人情報は、雇用形態や勤務地をチェックします。未経験者も応募できる求人が多くありますが、経験者を優遇する求人もあります。