読み込み中…

外資系転職で後悔しないためには準備が大事!

外資系企業で重要が高い職種や待遇に注目しよう

外資系転職に関心がある場合には、転職市場で需要が高まっている職種や待遇について早めに調べて、志望企業の中途採用試験に備えることが大切です。たとえば、営業職は業種に関係なく多くの外資系企業で必要とされており、中でも長年にわたる営業職のキャリアがある人や、海外の顧客を相手にコミュニケーションが取れる人は高待遇で転職を果たすことが可能です。また、ITや機械、化学など技術系の職種については、優れたスキルを持つ人材が限られていることもあり、海外経験の有無や語学力に関係なく高収入を得やすくなっています。なお、企業によって転職者に求めるスキルやキャリアに違いが見られるため、時間をかけて自分のキャリアが役立ちそうな職場を見つけましょう。

キャリアや資格に自信がある人はエージェントも使おう

外資系転職に向けて効率よく就職活動をするうえで、キャリアや資格に自信がある場合には、転職サポートの実績が豊富なエージェントを活用するのがおすすめです。業界大手のエージェントの中には、一人ひとりの転職希望者の年齢や実務経験、保有資格などに適した転職求人を紹介したり、求人先との賃金の交渉を代行したりと様々なサポートをしているところが多く見られます。また、エージェントによって扱っている求人の数や転職アドバイザーの対応が大きく異なるため、余裕を持って相談先を探すのがおすすめです。その他、短期間のうちに内定を得たい人は、エージェントを通じて優良な外資系企業の採用説明会に参加をするのも有効です。

外資系転職活動を行う際、前職での職歴の中で海外赴任歴や外国人との業務経験があると、採用に有利に働きます。